Browse Day: 11月 16, 2016

アンテナ工事について

集合住宅やマンションのアンテナ工事について説明しているサイトです。集合住宅やマンションでは、建物の屋上にアンテナとブースター(増幅器)の設置が必要となります。これらを設置すれば、各々の入居者が地上デジタル放送に対応しているテレビを利用するか、地上デジタル放送対応のチューナーを既存のテレビに使用することによって地上デジタル放送が視聴できるようになります。

地上デジタル放送の対応としてアンテナ工事が選ばれる理由はいくつかあります。
一つ目はランニングコストが安い、という面です。アンテナ工事では、光回線やケーブルテレビなどのような月額料金が発生しません。一度アンテナの設置を行えば、その後は継続して追加料金無しで地デジ放送が視聴可能です。

二つ目の理由は、汎用性が高いという面です。UHFの他にBSなども設置すればすべての部屋でBSデジタル放送なども視聴可能になります。入居者が無料で視聴できる番組もありますし、お好みに合わせて有料多チャンネル放送を契約し、面倒な工事不要で視聴可能な番組を増やすことができます。また、現在普及が進んでいる110度CSデジタルもパラボラアンテナの取り付けのみで視聴可能となります。

他にも、災害に強いという理由があります。ケーブルテレビの場合、地震などで電柱が倒れるとケーブル線までダメージが及び、電波が届かなくなることがあります。地デジアンテナの場合、アンテナが非常に軽量であるため、地震や強風にも強いです。災害によってケーブルや光回線が遮断されてしまっても、電波放送があれば受信可能というメリットもあります。